読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧州派遣のお知らせ

ここ最近ブログの更新を放置しておりました。
私は今、帝政カールスラント…ではなく、ドイツはフランクフルトにいます。
いわゆる卒業旅行というやつなのですが、連れはいません。そらそうよ
これから10日間の行程でカールスラント→ブリタニア→スオムスと巡る弾丸ツアーです。(敢えて訂正しないスタイル)

とはいえ、往復の航空券だけは1月末に手配したものの、その他の行程はつい先週までほぼ決まっておらず、現時点を以ってしても英国内の行程・宿泊地は半分以上未定というツッコミどころ満載でございます。1月は修論しか頭になかったし2月前半は日本国内の案件消化に忙しかったからしょうがないね。(そもそも今年のダイヤ改正が早すぎる上に切符案件が山ほどありすぎて2月がえらいことになったという)
まあ一人旅ができる程度には英語はなんとか喋れますし、訪英は今回で9回目になるので何とかなるかなと思ってます(甘い)
もしこれを見てる在英クラスタなフォロワー各位がいましたら一声頂けると喜んで出向くかも知れません(行くとは言っていない)

ところで、海外旅行は一般的に早く取れば取るほどお得です。国内旅行でも同様の傾向がありますが、差額が文字通り桁違いです。なので、こんな直前企画の弾丸旅行でよく金が持つなと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、実は過去の渡欧の中でも最安コースなんです。
要因は主に2つ。1つはオフシーズンであること。冬のヨーロッパは南欧を除いてとにかく寒いので、観光客が少なく総じて宿泊費や交通費を節約できます。(オーロラ鑑賞なんてのもありますが)
そして2つ目は、往復の航空券代がほぼタダ!
種明かしをすると、私がこよなく愛用するJALカードnavi巨匠大先生CEOがnavi会員限定減額マイルCPというのをやってまして、簡単に言うと通常の半分のマイルで航空券に交換できちゃったのです!ヨーロッパ線なら2月までの帰着限定で往復27500マイルという破格の条件で、まさにメシウマでした。(この2月帰着という条件が加わったせいで2月前半が余計にえらいことになったんですが)
特典フライトなら比較的出発直前でも空席さえあれば取れるので、1月は目一杯修論に集中して提出してからチケットを取ることができたのも魅力でした。(集中できてたとは言っていない)
というわけで通常なら10万切れば安いと言えるJALのヨーロッパ線往復が実費の支出はわずか5000円あまり。最高か。(まあOUTを発にすると出国税名目で2万くらいボられるのでなるべく安くなるようにヘルシンキ発にしたというのもありますが)

というわけで、気が向いたらブログにも現地の様子を上げられたらなあと思います。移動時間なんかで無駄に暇なこともあるので適当に書き溜めて旅行と関係ないネタを投下するかも。(フランクフルト行きの機中でコピペ用メモに打ち込みながら)
何とかなるだろうとは言ったものの、前回の欧州遠征から丸2年経ってしまっており、英語力も現地の情勢も若干不安なところではあります。ラボシステムはクソ。Brexitしてしまいましたし…

本当はFacebookとかいうマウンティングSNSあたりで遠征予告すれば会える人にも会えるんでしょうけど、もう長いこと放置してますしあまり触りたくもないので、後からニアミスに気づくパターンとかありそうですね。

まとめ:悪いことは言わないから学生諸君はJALカードnavi入会しなさい(ダイレクトマーケティング)